PR

通学リュックにおすすめ!カバン重い対策に「ラクサック」使ってみた

子ども
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、アリーです。

学生の通学カバン、どんな物がいいのか迷いますよね?

我が家が一番困った事は、教科書等を全部持ち帰ることによる『カバン重い問題』

少しでも重いカバンが楽になるような物はないかと、

探し回った結果、「RAKUSACK(ラクサック)」という通学リュックを発見!

・どれくらいの大きさのカバンを用意したらいいのか

・毎日、どのくらいの荷物(重さ)なのか  なども含めて紹介したいと思います。

*我が家が購入したのは、ラクサックのオリジナル 28L ブラックです。

スポンサーリンク

荷物の重さについて

学校にもよりますが、教科書等は全部持ち帰る所もあります。

息子の中学校も、入学当初から全部持ち帰るという決まりがあったため、毎日重いカバンで通学していました。

しかし、途中から変わり「本人の判断に任せる」ということで、

今は置き勉(教科書等を学校に置いておく)が出来るようになり、負担が減りました。

教科書の量と重さ

ある日の6時間授業で使う教科書の量はこちら↓

高さ 約15㎝

重さ 約7㎏

これに、筆記用具・ジャージ・部活道具等を入れると約10㎏

特に中学1年生は、まだ体が小さいので10キロの重さは大変です。

ラクサック

学生向け水泳・体育用品メーカーの「フットマーク」が開発した商品です。

一番の特徴は、重さ対策用に工夫されている所です。

どんな特徴があるのか、紹介していきます。

*写真の写りが悪く、本来なら黒色の所が、グレーや紺色になっている所があります。
ご了承ください。

ブックストラップ

教科書等をブックストラップ(大きな幅広ベルト)で固定できます。

揺れがちな荷物を固定することにより、体への負担を最小限に抑えることができます。

マジックテープで、がっちり固定できます↓

教科書を固定すると、こんな感じ↓

6時間分の教科書でも、がっちり固定できます↓

3Dショルダーストラップ

カバンが背中に密着するように設計されたストラップです。

より体にフィットする構造で、体への負担を抑えてくれます。

バックパッド

ちょうど腰にあたる部分に、長丸のパッドがあります。

このパッドがクッションとなり、腰への負担を軽減します。

サブポケット

サブポケットは、全部で5か所。

①表面部分のポケット

フットマークのファスナー部分で、青色部分が見えている所です。

ポケットの入り口の大きさは、ノートが入る長さ(約25㎝)あります。

②サイドポケット

赤い色の折り畳み傘を入れてみました。

ペットボトルだと、約3分の2くらいまではポケットに収まります。

③ふた部分のポケット

メッシュになっているので、中身がわかりやすいです。

約14㎝×25㎝の大きさの物が、スムーズに出し入れできるサイズです。

④、⑤内側のポケット(ドット柄の折り紙が入っている所です)

④は、RAKUSACKのラベルがある、名前を書く欄の部分です。

プリントやファイルなどを入れるのに、ぴったりなサイズです。

⑤は、メッシュになっている部分です。

約10㎝×15㎝の大きさの物が、スムーズに出し入れできるサイズです。

メッシュなので、中身がわかりやすいです。

レインカバー

我が家が購入した「ラクサック オリジナル」には、レインカバーが付いています。

その部分にチャックがあり、これを開くと

中からレインカバーが出てきます。(取り外し不可)

これをかぶせると

↑こんな感じになります。

写りが悪くグレーに見えますが、本来は黒色です。

裏側は、こんな感じです↓

周りがゴムになっているので、スポッとかぶせることが出来ます↓

突然の雨でも、これなら安心です。

使用後はサッと拭いてから、クルクルと巻いて元の場所に収納するだけです。

その他、付属品

・ラクサックをより快適に使うための説明書

・ファスナー部分の取っ手(引き手)部品 ピンク色が3個

初めからブルーの取っ手(引き手)が付いていたので、我が家は変えずにそのままです。

使い方も重要!

ラクサックは上記で紹介したとおり、カバン自体にも重さ対策をしていますが

さらに、

使い方を正しく使うことで、より軽さを実感できるんです。

付属の説明を用いて、紹介します。

体に密着させる

説明のとおり、ストラップを調節して体に密着させます。

スムーズに調節できるように、実際に何回かやってみることをおすすめします。

息子も初めはうまく引っ張ることができませんでしたが、練習するうちに上手く出来るようになりました。

横揺れを軽減する

胸の位置にあるチェストストラップ。

このストラップを付けることによって、更に体に密着することができます。

高い位置で背負う

ショルダーストラップを調整することで、高い位置で背負うことができます。

肩の高い位置に合わせて背負ってみると、不思議と軽く感じます。

使ってみた感想

ちなみに、我が家が購入したものは

ラクサック オリジナル 28L ブラックです。

今まで使っていたカバンとラクサックに、同じ量の教科書を入れて比べてみたら、

断然ラクサックの方が軽く感じました。

息子も同じように比べてみても、ラクサックの方が軽いとのこと。

重さで悩んでいた息子は、かなり気に入ったようです。

要望があるとするなら、

息子いわく、内側の鮮やかなブルーがちょっと不満なようで…。

黒・グレーなどシンプルな色だったら、よかったなとのことでした。

それ以外は大変気に入ったようで、ほぼ毎日使っております。

私としては、教科書を入れる時に全開にならないので、少し入れずらいかなと。

息子は、たいして気にならないそうですが…。

大きさも28Lのカバンでちょうどいい感じです。

周りの子供たちも、これくらいの大きさのカバンを持ち歩いてます。

持ち物が少ないときは、一回り小さいリュックで通学しています。

商品の種類

ラクサック オリジナル

サイズは、28L・19L  2タイプあります。

色は、紺・ブラック それぞれ2種類あります。

ラクサック ベーシック

ラクサック プレミアム

ラクサック スタンダード 

公式ホームページ

色や大きさなど、詳細を知りたい方はラクサックのホームページへ。

身長166㎝の男子、157㎝の女子が背負った時のカバンの大きさなども載っています。

参考にどうぞ。

公式ホームページはこちら↓

RAKUSACK (ラクサック)

子ども
スポンサーリンク
アリーをフォローする
山谷アリーのこどもライフ
PAGE TOP